サバの「へしこ」 まさに珍味!フグの卵巣も!!

食品・料理レシピ, 料理, 海の幸, 郷土料理, 珍味, へしこ

こんちは~

本日は、私の好きなおつまみのひとつ
サバの「へしこ」

初めて、居酒屋で食べた時の衝撃は
20年以上たった今でも忘れられんせん。
サバの「へしこ」

『へしこ』とは

福井県から京都北部の日本海沿岸に郷土料理。
サバ・イワシなどを糠漬けにしたもの。

かなりしょっぱめだが、独特の旨味があって
ご飯のお供はもちろん、お酒のアテには最高。

『へしこ』ならフグの卵巣も食べられる

猛毒を持つことで有名なフグの卵巣も
へしこにすれば食べられるようです。

フグの卵巣を塩漬けしたのち、
糠につけて待つだけ。
といっても2年以上待つようです。

なぜなのかは、現在の科学を持ってしても
詳しく解明されていないようなので、
漬けて待つだけと簡単そうですが、
素人が作ってみるのは危険なのでやめた方が良いと思います。

『へしこ』の食べ方

主に食べやすいサイズにカットしそのまま、
あるいは焼いて食べるのがポピュラー。
焼いて食べる場合は、糠を全部落とさずに、
少し残った状態がよいようです。

個人的にはそのままが好き。

お茶漬け

へしこを焼いて、温かいご飯にのせて
薬味をふりかけ、出汁またはお茶を
かけるだけ。

ペペロンチーノ風

作り方は普通のペペロンチーノと同じ。
まず初めにへしこをほぐしておく。
フライパンに少し多めのオリーブオイルを引く。
ニンニクと鷹の爪をいれてフライパンで炒める。
へしこを入れたら軽く炒め(馴染ます程度でOK!)
茹でたパスタを入れたら絡めて出来上がり。
(パスタと一緒に茹で汁を少し入れると絡みやすい)

味付けは入れる量にも左右されますが、
基本的にへしこの塩分のみで問題ありません。
あとは好みで黒コショウを振るといいです。

チャーハン

これも普通のチャーハンと同じ作り方。
まず初めにへしこをほぐしておく。
熱したフライパンに油をひき、
とき玉子を投入。
タマゴが固まる前にご飯を入れ、
ご飯とタマゴを炒める。
へしこを入れ5割ほど混ぜながら炒め、
刻みネギを入れさらに混ぜながら炒める。
醤油を鍋肌から垂らしたら完成。

醤油の代わりに、「しょっつる」か
「いしる」をつかうとさらに風味がアップ。

フレーク

余ったへしこは焼いてほぐしておくと、
いろいろな料理に使いやすく便利。


こんな記事書いてたらへしこが食べたくなりました。
辛口の日本酒を冷やでへしこをあてに晩酌。
考えるだけで、あぁ、たまらん。